住宅ローンを申し込むときには返済方法も

数年以内に、大きな買い物ともいえる住宅ローンを申請したい方は是非注意して頂きたいのがボーナス払いを使った返済方法です。
まとまったお金が入った時に返済できれば、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。
しかしながら、会社によっては特別収入が無いところも多々あり年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。
なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。
色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、任意返済もできるところで申請してみましょう。
もしも、フラット35などといった住宅ローンを返済中に失業してしまったら残りのお金をどう返済していけば良いのでしょうか。
何があるか分らないので、把握しておきましょう。
まずは、焦らずに自分が今置かれている状況を把握しましょう。
フラット35といえば、「金利が長期固定」「団体信用生命保険の加入が強制ではないため、既往症で保険加入が認められない者でも申込できる。
」「借換利用も可能」など、メリットもたくさん!会社側の都合で辞めることになったのか、それとも自分なのか?その理由如何で支給される金額も大きく変わるからです。
会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますのでもう一度職場探しをしながら残りを返済に充てると良いでしょう。
ただローンは一度でも延滞してしまうと、破綻せざるを得ないので今、自分が何をすべきなのか冷静に考えて行動しましょう。
利用者の多いフラット35で検討中という方もいますが、固定金利もしくは変動金利を選びきれない方が多いのです。
というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいので計算もしやすいだけでなく、総返済額も正確に分りるからです。
けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるのでローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。
それなのに、低い金利が続いている今の世の中では意外にも4割の方が利用しているので何とも言えません。
是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら今後の負担を少しでも軽く出来るよう資料探しから始めませんか。

フラット35のボーナス払いは?毎月の返済額の設定で悩む!【Q&A】