住宅ローンを組むには保険もいる?

住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。
借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。
借り換えをする事で、月々の返済が楽になるメリットがあります。
ですが、借り換えをして必ずメリットがある。
という訳ではありません。
理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。
無料で借り換えが出来る銀行はほぼ0でしょう。
借り換えにはそういったケースも含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。
新生銀行の住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
それは団体信用生命保険という名前の保険です。
団体信用生命保険という物は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。
という特別処置です。
団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
ローンの金利には大きく分けて固定金利と変動金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側から薦めなどはありません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。
長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。
その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすることによって、ローンの元の金額を減らす事ができますので、元の借入額を減らす事が出来ます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。

がん保険って必要?生命保険見直し【医療保険でもいいのでは?】